相手の名前だけで人探しをする方法とは?探偵が解説

人を探しているけど、わかっていることは名前だけ・・・。これではさすがに無理だろうと諦めている人は多いと思います。

もちろん、誘拐や失踪など事件性の高い場合はすぐに警察に連絡をするべきです。しかし、警察も緊急性の高くない事案に関してはすぐに動いてもらえない場合もあります。

弊社でも実際に「名前しかわからないが人探しをしてほしい」という依頼がありますし、実際に見つかるケースもあるため、名前だけでも人探しは決して不可能ではありません。

この記事では、名前だけで人探しができるケースや方法を紹介していきます。

名前だけしかわからない人探し調査の相談例

人探しをする場合、探している対象者の情報が多いほど、スムーズに探すことができますが、情報が名前だけでも人を探す事ができる場合があります。

 

名前だけしかわからない人探し調査の相談例
・初恋の人を探してほしい
・幼馴染を探してほしい
・昔の恋人と再会したい
・付き合っていた元恋人から聞いていた住所が嘘だった
・息子の恋人の事を知りたい
・ネットで知り合ったが音信不通になった
・旅先で出会った人を探してほしい
・トラブル相手の情報を知りたい

などがあります。

いずれにケースにしても重要になるのが、知っているのは「本当に名前だけなのか?」という点です。

名前だけしかわからないというのは、あくまでも当事者本人の認識で、実際には人探しを行うための様々な有効な情報を持っている可能性があり、相談時のヒアリングで有効になる情報を探偵が多く引き出せるかが、その後の成功の鍵を握ってきます。

探している人の名前しかわからないと思っている人は、本当に知っている情報は名前だけなのかを、今一度確認してみてください。

 

名前以外で出てくる情報の例
・携帯やメールなどの連絡先
・家族構成や友人
・居住地域
・仕事や趣味
・よく行った場所や施設
・対象者の顔写真
・身長や体重など身体的な特徴
・出会った場所や日時
・使用していたSNS
・アカウント名やID
・よく使っていたニックネーム

などがあります。

この他にも探している本人にしかわからない、対象者を特定できる可能性のある情報が多くあります。

これら名前以外の情報が増えるほど、探している相手が見つかる可能性は高くなってきますので、情報は些細な情報でも良いので事前に調べてまとめておくことをオススメします。

自分で名前から人探しをする方法

会社

「名前」を知っているというのは、実は有力な情報でもあります。特にネットの発達した近年では、探している人の名前を知っているだけで、ネット上で自分で名前から人探しを行うことも可能です。

またネット上から名前を検索して、その人を特定できる情報を手に入れることもできるため、「名前だけしか知らないけど人を探したい」と思っている人は、自分で対象者の名前を手がかりに人探しを行ってみましょう。

SNSを活用して調査

例えばSNSアプリやグーグルなどの検索サイトから、検索バーに探している人の名前を入力して検索するのが最も基本的なやり方です。

このようにネット上で名前で探してみると、過去の住所や使用しているSNSのアカウントなどがわかる場合もあります。

またSNSのアカウントを知っていたり、ネットで調べることで特定できた場合は、SNS
上で公開された写真や投稿履歴などから今いる場所を特定できたり、さらにはフォローしている友人などから交友関係を探ることも可能です。

もし名前だけだと検索では表示されなくても、住所や出身校、職場や趣味など、探している人物に関連する情報を同時に入力することで、表示される場合もあります。

インターネットで自分で名前から人探しをするのは、多大な時間と労力がかかりますが、色々なパターンを組み合わせてネットで検索してみて下さい。

検索以外で自分で名前から人探しをする方法として、対象者の名前を開示し第3者に情報を求めるやり方も、人探しの手法としてよく行われています。

やり方はTwitterやネット上の人探し掲示板サイトで、「人を探しています」といった内容で、実際に探している人の名前やプロフィールを記載し、後はこの情報を見た第3者からの情報提供を待ちます

Twitterでは「#拡散希望」「#リツイートお願いします」などのハッシュタグをつけると、この情報が拡散され、より多くの人に情報提供を求めることが可能になってきます。

違法な人探し調査には注意

自分で行う人探しが、例え知っているのが名前だけでも、行った人探しが法律違反になる可能性があります。

可能性のある法律違反としては

  • ストーカー規制法
  • プライバシーの侵害

などがあります。

人探しの対象者に対して、こちらが一方的に好意がある場合、異性や同性を問わずストーカー規制法の対象になる可能性があります。

知っている情報が名前だけで、特に親しかったわけでもないといったケースは、客観的に見て一方的な好意となる可能性もあるため注意しましょう。

またSNSやネット上などで、対象者の名前を開示することで、対象者が第3者から誹謗中傷などの被害を受けた場合は、プライバシーの侵害で損害賠償を請求される可能性もあります。

対象者の名前は立派な個人情報ですので、ネット上での投稿は慎重に行うようにしましょう。

自分で人探しをする際は、情報が名前だけでも、これらの法律違反に該当しないかを確認した上で行うようにしましょう。

名前だけで人探しをする時に探偵が行う調査方法とは?

男性の聞き込み

では探偵が名前だけしか知らない人物の人探しの依頼を受けた場合、実際にどのようにして人探しを行うのでしょうか?ここでは実際に探偵が名前だけでどのように人探しをするのかを紹介します。

依頼者から名前だけで人探しをして欲しいという相談を受けた段階で、探偵はまず本当に情報が名前だけなのかを、依頼者へ丁寧にヒアリングすることで確認していきます。

実際に依頼者は対象者の知っている情報が名前だけだと思っていても、探偵にとっては対象者を特定できる情報を持っている可能性があるためです。

ヒアリングで名前以外の有力な情報を得ることができた場合は、その情報を元に現地でさらに細かい聞き込みを行い人探しを行っていきます。

またヒアリングを行った結果、手がかりとなる情報が名前だけだったとしても、その名前が地域に根付いた特徴的な苗字などであれば、その地域を特定して聞き込みを行ったりもします。

その他にも探偵は独自のルートで様々な人探しを行うノウハウを持っています。もし手がかりが名前だけと思っていても、見つかる可能性は決してゼロでは無いため、対象者を確実に探したい場合は、探偵に人探しを依頼するのがおすすめです。

弊社の過去の事例をご紹介します!
過去事例

▪︎依頼者 : 53歳(女性)
▪︎依頼内容 : 知人の営む飲食店で知り合った10年以上常連の女性が突然お店に来なくなったため、心配になり弊社に相談。相談当初は名前しかわからないとのことだったが、他の常連のお客様などからの情報をもとに行動エリアの範囲をかなり絞り込む事ができたため、同エリアにて聞き込み。

【調査結果】
行動エリア内の商店街にて対象者が通っていたお店の方から、体調を崩して入院しているとの情報があり、依頼者に報告。

人探し調査は名前だけでは成功率が低い

名前だけで人探しを行う場合、見つかる可能性はゼロではありませんが、成功率は決して高いとはいえません。

例えば手がかりとなる名前が、同姓同名の人物が複数いることで、人探しに時間がかかったり、知っている名前が実は偽名で、名前だけでは見つからないというケースも多くあります。

人探しを依頼した場合の費用

人探しを探偵に依頼した場合の費用としては

  • 基本料金
  • 人件費
  • 車両費
  • その他の実費経費

などがかかります。

基本料金とは調査を行うために必要な着手金のことですが、着手金を取らない探偵事務所もあります。

人件費とは実際に人探しに使う探偵に対して発生する料金のことで、何人の探偵で何時間人探しを行うかで、料金が変わってきますが、費用の中でも大きなウエートを占めるのがこの人件費です。

また人探しの際は、車代やガソリン代など、実際の人探しに必要な経費が発生してきますが、これが調査時の経費です。その他に、調査完了後の報告書の作成費用や印刷代などに対して、その他の経費が発生します。

これら4つを合算した金額が、探偵や興信所に人探しを依頼した場合に発生する費用となり、だいたい10〜100万円が相場です。

この費用は情報が少ないほど調査に時間が掛かり、人件費や調査時の費用が高くなっていきます。そして手がかりが名前だけであれば、長期間の調査になる可能性が高くなる点は注意しましょう。

ただ対象者の情報が名前だけしか知らないと思っていても、探偵とヒアリングを行う中で有力な情報を引き出してもらえる場合もあります。

いずれの探偵社も人探しの相談は無料で行っていることが多いため、まずは無料相談を利用して本当に手がかりが名前だけなのか、状況を確認してみるのは有効な手段です。

無料相談の前にやっておきたいこと

探偵社の無料相談を行う前には、一度情報の整理をしておくことも大切です!

人探しの成功率を高めるためには、探偵により多くの情報を伝えることが重要です。無料相談で色々と伝えることができるよう、無料相談を行う前に、探したい人の情報を一度整理しておきましょう。

整理したい情報を表にまとめてみました。

対象者の個人情報 ・氏名   ・生年月日   ・携帯や自宅の電話番号   ・出身地
・顔が写っている写真   ・勤務先   ・出身校
・転校などの引っ越し先   ・実家の住所や電話番号
・SNSなどのアカウント
対象者との接点 ・いつどこでどんな交流があったか
・最後に会った時期や場所などの状況
・出会ったキッカケ
・音信不通になった理由
・音信不通に気付いた時期
対象者の特徴 ・身長や体重などの身体的特徴
・趣味や習い事
・交友関係
・方言などの訛り
その他 ・過去の車のナンバー
・過去のメールやLINEの履歴
・SNS上のやり取りや写真
・使用していたSNS
・実際にプレイしていたゲーム
・ネット上で使用していたニックネーム

 

ここでまとめた情報は一例です。

自分では有効な情報と思ってなくても、探偵の人探しでは有効になる場合があるため、これらの情報は一度振り返ってまとめてみましょう。

アステル探偵事務所では、累計14,000件以上の実績をもつ調査会社との強力なパートナーシップを結んでおり、人探し調査においても多数の実績があります。情報を元にプロの調査員が日本全国どこでも的確に調査し、捜索者の情報取得に努めております。

無料でご相談を承っておりますので、手がかりが名前だけと思っている人も、有効な情報を引き出す手助けをさせていただきますので、ぜひ無料相談をご利用ください。

まとめ

人探しの手がかりが、自分では名前だけだと思っていても、その他に様々な情報があることに気付いていないケースは非常に多いです。この辺りは普段から業務として人探しを行う探偵のプロとしての知識や経験・ノウハウに基づく部分も多く、個人では情報を収集するには限界があります。

もし「手がかりが名前だけ」と思っていても、探偵に相談することで状況が進展する可能性があるため、確実に人を探したい場合、まずは探偵社の無料相談を利用してみましょう。

人探し調査をお考えの方

人探しの目的はお客様の目的により様々です。お子様の家出から高齢者の徘徊など、ご自身だけでは探し切れないというケースも多々みられます。アステル探偵事務所では、14000件を超える調査実績がある調査専門会社と連携しております。下記のフォームからお問い合わせ頂きますと、弊所相談員からご連絡を差し上げます。費用や条件面など、ご心配なことがありましたらぜひ一度ご相談ください。

おすすめの記事