ツイッターで人探しをする方法とは?拡散する際の注意点などを解説

Twitterの魅力は情報の拡散力にありますが、この拡散力を人探しに活用する方法もあります。
では実際にどうやってTwitterで人探しをすればよいのでしょうか?
また探している人の情報を拡散する際にはどのような点に注意したらよいのでしょうか?
この記事ではこれらを解説していきます。

ツイッターで人探しをする方法

インターネットが普及した現代では、多くの人がスマホやPCからインターネットを使用していますが、中でもSNSでのコミュニケーションが主流になってきています。

SNSとはSocial Networking Service(ソーシャルネットワーキングサービス)の略称で、LINE・mixi・Twitter・Facebook・InstagramなどがSNSに該当しますが、それぞれに特徴があります。

中でも人探しの調査によく利用されるSNSの一つがTwitterで、Twitterの特徴でもある拡散性を活用することで、多くの第3者に情報を見てもらい人を探してもらうことが可能です。

実際にTwitterで使われる人探しの方法としては

  • キーワード検索
  • ツイートで情報提供を呼びかける

この2つの方法が使われます。

では実際にこの2つの方法を詳しく解説していきましょう!

キーワード検索

探している人の名前やニックネームなど、特定のキーワードを入力しTwitter上で検索をしてみると、探している人が見つかる場合があります。

Twitterではアカウントを本名で登録しているケースが少なく、名前だけの単独の検索では探すのは大変なため、検索のコツとしてはニックネームや住所・趣味・旅行先など、複数のキーワードを組み合わせて検索する方法が一般的です。

また探している本人ではなく、友人などのアカウントが検索で見つかることもありますが、こういった友人のツイート履歴を辿ってみることで、探している人の情報が見つかる場合もあります。

ツイートで情報提供

Twitterで使われるもう1つの人探しの方法が、自分のTwitterアカウントからツイートで探している人の情報提供を呼びかける方法です。

探している人の名前や特徴をツイートするのに加えて、探している人の画像なども投稿することで、このツイートがTwitterを利用している第3者の目に止まり、第3者へと情報提供を呼びかける形になります。
またその際に「#拡散希望」「#RTお願いします」などのハッシュタグをつけてツイートすることで、情報を見た第3者にリツイートしてもらい、さらに多くの人に自分のツイートが拡散されていきます。

このようにツイートで人探しの情報を呼びかけることで、日本全国の幅広い規模で探している人の情報を集めることが可能になります。

なぜツイッターを使って人探しをするのか?

なぜTwitterは人探しによく使われることが多いのでしょうか?

具体的には

  • 利用者数が多い
  • 拡散力がある
  • 探している人の情報を添付できる(写真、動画など)

などの理由があげられます。

Twitterの利用者数は2021年度の段階で国内で4500万以上いると言われており、3大SNSと呼ばれるFacebookが2500万人、Instagramが3300万人なので、3大SNSの中でも最も利用者が多く、TwitterはLINEに次いで利用者が多いSNSとなっています。
SNSの中でもLINEに次ぐ利用者の多さが、 Twitterが人探しによく使われることが多い理由の1つです。

またハッシュタグやリツイートを使うことで、より多くの人に情報提供を呼びかけることが可能になります。利用者の最も多いLINEで人探しをする場合は、登録している利用者間でしか情報を集めることは原則できません。

ですがTwitterはツイートにハッシュタグ(#)やリツイートを使うことで、自分の友人やフォロワーだけでなく、友人やフォロワーがフォローしている人にも人探しの情報が拡散されていきます。
この拡散力の高さは、人探しにTwitterが使われる大きな理由の1つになります。

そしてこの拡散力の高さに加えて、探している人の情報を、文字だけでなく写真や動画などの情報も添付できるため、より多くの人に正確な情報が伝えやすいのもTwitterが人探しに使われる理由の1つになります。

ツイッターを使った人探しの事例

Twitterでは特に失踪や行方不明者・家出人などを探す際に、人探しのツールとしてよく使われることが多いです。

実際にTwitterに情報提供を呼びかける際の情報を表にまとめてみました。

対象者の情報 ・名前・身長・体重・行方不明になった日・本人の特徴・顔写真
ハッシュタグ(#) ・#拡散希望・#RTお願いします・#RT希望・#人探し

Twitterで人探しの情報提供を呼びかける際は、このように対象者の情報と合わせて、「拡散希望」などの特定のワードの前にハッシュタグ(#)をつけることで、より多くの人にツイートが拡散されます。

では実際にTwitterを使ってどのように人探しが行われるのでしょうか?
今回紹介する事例は、母親が家出した娘を探すためにTwitterを使って、人探しの情報を拡散した例を紹介します。

ツイッターでの人探しをする際の注意点

スマホ
Twitterは人探しの際によく使われるSNSですが、使う際にはいくつかの注意点があります。

注意点
・Twitter社の規約に抵触する可能性がある
・個人情報の流出の可能性がある
・誤った情報が送られてくる可能性がある

Twitter社では「個人情報に関するポリシー」という形で個人情報に関して明確なルールを定めていて、このルールに違反した場合は、初回は削除要請のみに留まりますが、数回繰り返すとアカウント凍結になる可能性があります。
この対象となるのは住所や実際の場所など、個人を特定できる場所を当人の許可なく掲載した場合です。
どこまでの個人情報が対象となるのかは、「個人情報に関するポリシー」の項目に明確に記載されているため、対象者の個人情報をツイートする際は、Twitterの規約違反に抵触する可能性があるかどうかを事前にチェックしておきましょう。

またたとえTwitterの規約に違反していなかったり、当人から削除要請がなくても、相手の個人情報を晒す行為は、対象者に第3者からの誹謗中傷を受けるなどの迷惑をかける可能性があるだけでなく、プライバシーの侵害として、損害賠償を請求される可能性があります。
そして対象者の個人情報だけでなく、自分自身の情報を公開した場合も、情報を開示した自分自身が誹謗中傷の被害に遭う可能性もあるため、対象者や投稿者個人を明確に特定できるような情報は、開示しないように注意しましょう。

そしてTwitterで情報提供を呼びかけるツイートは、多くの利用者に見てもらうことができますが、このツイートを見て集まってくる情報提供の内容が必ずしも正しい物とは限りません。
多くの人から情報が集まる以上、正しくない情報も多く集まる可能性が高いため、集まった情報は自分自身でしっかりと分析し、その中から正しい情報を確認していく必要があります。

Twitterで人探しを行う際は、ここで紹介した3つの内容に関しては特に注意するようにしましょう。

人探しは探偵に依頼するという選択肢も

相談
人探しを行う際は、Twitterを使って自分で使うのも良いですが、人探しはプロである探偵に依頼するというのも選択肢の1つです。

人探しを探偵に依頼するメリット
①経験豊富な探偵が人探し調査をしてくれる
②相手にバレる可能性が低い
③自分の時間や労力を使わずに済む

の3つです。

それでは具体的に3つのメリットを個別に紹介していきましょう。

プロの探偵が人探し調査をしてくれる

人を探す場合に一般の方は、実際にどうやっていいのかわからないと思います。そして仮に自分の足で人を探してみても、見つかるケースは決して多くはありません。

なぜなら探している人を見つけるためには、最終的には張り込み・聞き込み・尾行といった、人探しに必要な経験とスキルが必要になるからです。

その点、探偵はお金で依頼を受けて人探しを行うため、人探しのスキルや経験が豊富なプロになります。ですから探偵にいらいするメリットの1つとしては、高い調査能力をもっている探偵に人探しを依頼することで自分で人を探すよりも見つかる可能性が高くなる点です。

相手にバレる可能性が低い

人探しのケースによっては、自分が探していることを相手に知られたくないといったケースもあります。例えば疎遠になった友人や過去に交際していた恋人などを探す場合などです。

相手に探していることをバレないようにするためには、かつて交流があったという点で、自分で直接探すと顔を見られてしまい、対象者にバレてしまうことも少なくありません。

その点、探偵は対象者に顔を知られていない第3者ですから、対象者にバレることもなく自然な形で人探しを行うことが可能になってきます。

ですから探偵は相手に顔が知られていないという点で、自分で人を探すよりも対象者にバレる可能性が低いという点は2つ目のメリットです。

自分の時間や労力を使わずに済む

人を探すという行為は、実は莫大な時間や労力を使う可能性があります。ネットやSNSなどで探している人の情報を集める行為は、そこまでの時間や労力は必要ありませんが、対象者を現地で直接探すといった、実際に直接人を探す行為は、現地に行く手間や張り込み・聞き込みなどをする労力など、膨大な時間と労力を消費します。

そして自分で直接探す場合は膨大な時間と労力を自分のスケジュールの範囲内で行わなければなりません。
それに対し探偵は依頼者から報酬を貰い業務として、人探しを行うことができるため、時間や労力はあくまでも業務の範囲内です。
ですから探偵に依頼することで、自分の時間や労力を使わずに人探しが可能になるという点は3つ目のメリットになります。

アステル探偵事務所では、累計14,000件以上の実績をもつ調査会社とのパートナーシップを結んでおり、依頼者様からの情報を元にプロの調査員が捜索者の情報取得に努めております。
ネットやSNSで調べた捜索者の情報を元に、実際に人を探して欲しいなど、調査を検討されている場合はまずは無料でご相談を承っておりますので、ぜひご利用ください。

まとめ

人探しを効率的に行う方法として、人探しの役割分担を明確に分けておくのが理想です。具体的には、聞き込み・張り込みが必要となる人探しはプロである探偵にお願いし、ネットやSNSを使って対象者の情報を集めるのは自分でするといった形です。
このように事前に段階に応じて人探しの役割分担を明確に分けておくことで、効率的な人探しが可能となってきます。

人探し調査をお考えの方

人探しの目的はお客様の目的により様々です。お子様の家出から高齢者の徘徊など、ご自身だけでは探し切れないというケースも多々みられます。アステル探偵事務所では、14000件を超える調査実績がある調査専門会社と連携しております。下記のフォームからお問い合わせ頂きますと、弊所相談員からご連絡を差し上げます。費用や条件面など、ご心配なことがありましたらぜひ一度ご相談ください。

おすすめの記事